痒みの原因!顔の乾燥

痒みの原因になる顔の乾燥!やってはいけないこと

顔の乾燥痒み

 

肌の乾燥が進むときれいに揃って肌を守っていた角質に隙間ができ、ますます水分が逃げやすい状態になります。
こうなると外からの刺激や細菌などが入り込みやすくなり、かゆみやかぶれなどの肌トラブルを引き起こしやすくなります。

 

このためここではこうして肌の乾燥によってかゆみが生じた時に普段のスキンケアにおいてやってはいけないことについて5つ紹介します。

 

とにかく肌にうるおいを与えようと化粧水をたっぷりとつける

肌の乾燥が進んでかさつきやかゆみを少しでもしずめようと一生懸命化粧水で水分を与えてしまうというケースがあります。

 

しかしながらこれはかえって逆効果で、化粧水は隙間だらけになった肌に浸透しやすいため、しみるなどかえって刺激となってしまいます。
このためこういった場合にはワセリンやクリームのみのシンプルなスキンケアに一時的に切り替えます。

 

 

いつものスキンケアのようにワセリンを直接顔にのせて伸ばす

肌トラブルが気になる時にはワセリンやクリームでスキンケアをしますが、普段の美容液やクリームのように額、鼻、頬、あごに点で置いて指で伸ばさないようにします。

 

この方法だと粘度の高いワセリンの場合、肌を引っ張る事になり、シワやたるみの原因となるため避けるようにします。
正しいワセリンの付け方は、一度手のひらにとって柔らかくなるまで練り、その後に肌を包み込むように両手でなじませます。

 

 

コットンを使って化粧品をつける

普段のスキンケアにおいて乾燥や刺激が気になる場合には、コットンを使うと摩擦により肌への刺激となりやすいため、化粧品は手のひらでつけるようにします。

 

どうしてもコットンを使いたいという場合には、化粧水や乳液をヒタヒタになるまでしみ込ませ、こすらないように使います。

 

 

美白やエイジングケアの化粧品を使う

肌の乾燥が進み敏感になっている場合には、これらの化粧品は刺激になりやすいものです。
このためこういった場合にはこれらは使わずに、保湿に特化したシンプルな処方の化粧品を使います。

 

 

普段からクレンジングオイルを使い続ける

クレンジングオイルの洗浄作用は他のタイプのものよりも高く、メイクをしっかりと落とせるため人気があります。

 

しかしながらその分だけ刺激も強く、角質層のうるおい成分を必要以上に取り去ってしまう事があるため、普段から使っているとカサつきや肌荒れの原因となります。
このため普段は適度な肌へのやさしさとクレンジング力を兼ね備えたクレンジングクリームを用い、クレンジングオイルはパーティーなどの特別な日のメイクを落とす時だけというように使い分けるようにします。

 

まとめ:

これらのスキンケアに加え、睡眠や食事、ストレスの溜まり具合などの日常生活について見直す事も肌を整えるために大切な事となります。